社員研修って何の目的?誰のため?

社員研修は会社のために行われる

社員研修は新入社員に対して、ほぼ全員に行われるものだと思いますけど、誰のために行われているのでしょうか?1つの答えとしてはやはり会社のためというのがあります。社員研修の目的としては、新入社員を一人前に育てていくための第一歩の部分とも言えるのです。会社としては雇った新入社員は全員自社の戦力になってほしいという思いがあるでしょう。しかし、いきなりは無理ですから、研修という形でまずは簡単な仕事から教えていくことになるのです。会社で働くための準備運動に近いかもしれません。
そうやって、1からスタートしていっていずれは戦力と言える存在になってくれれば会社としても業績に貢献してくれる存在になるわけですから、社員研修が果たす役割は会社にとってはとても大きいと言えるでしょう。会社のために社員研修は行われていると言える部分もあるのです。

社員研修は新入社員のためでもある

社員研修の目的は新入社員を一人前にしていくための最初の部分という位置づけになると思いますが、一人前になることにメリットがあるのは会社だけではありません。新入社員の方にもメリットはあるはずです。一人前になれないと、会社にとっていずれは必要とされなくなる可能性もあるわけです。つまり、仕事ができない人間になってしまうこともあるので、そうなればクビにされる可能性も高くなります。

基礎がなっていないと応用もできないでしょうから、やはり仕事の基礎にあたる社員研修を受けているか?どうかはその後の社会人としての人生に大きな影響を与えるかもしれません。だからこそ、社員研修は新入社員のために行われているという見方もできるのではないでしょうか?